アダムの創造

 


目次

◆天地創造
◆アダムの創造
◆女の創造
◆蛇の誘惑
◆楽園追放
◆楽園追放
◆カインとアベル
◆ノアの箱舟
◆大洪水
◆鳩を放つ(ミレイ)
◆鳩を放つ(ドレ)
◆ノアの祭壇
◆受胎告知
◆羊飼いの礼拝
◆東方三博士の旅
◆三博士の礼拝
◆エルサレム入城
◆弟子の足を洗うキリスト
◆最後の晩餐
◆ゲッセマネの祈り
◆聖衣剥奪
◆十字架の下での悲しみ
◆十字架降下
◆我に触れるな
◆キリストの洗礼1
◆キリストの洗礼2
◆悪魔の誘惑
◆ペテロとアンデレの召命
◆マタイの召命

日本聖書協会発行『アートバイブル』より
『アートバイブル』の絵の使用については、当サイトより日本聖書協会に申請をして、同協会より許諾を得ています。」2007N10010 ●聖書からの黙想は、:坂野慧吉著「創世記」『新聖書講解シリーズ:旧約1」(いのちのことば社発行):を参照しています。

「名画で巡る聖書の旅」

バイブル・アンド・アート・ミニストリーズ / 代表 町田 俊之

■第2回 ミケランジェロ「アダムの創造」(1508-12年、システィーナ礼拝堂)

2、アダムの創造

◆聖書箇所

 「主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。」
                                ー創世記2章7節ー

◆聖書からの瞑想

1)神によって造られた人
  神の創造の中心は実に「人」でありました。神の側からご覧になれば、他の被造物は人間の活躍の舞台として、あるいは脇役として創造されたのであり、人こそが主役であったのです。
  ところで、「人間とは何か」という問いは、人間自身によって答えられるものではありません。なぜなら、人間は自分自身の最初の姿を知ることができないからです。また他の人間を観察できたとしても、自己を中心とした見方であるために、不完全でゆがめられたものになってしまいます。
  したがって「人間とは何か」の問いに答えるためには、人間のすべてを創造し、それを知っておられる永遠の神が啓示された「神のことば」による以外は方法がないのです。
  神によって創造された世界の中に、神によって創造された人間が置かれたのです。人間が神を創作したのではなく、神が人間を創造したのです。物の価値は「誰が造ったか」によって決まります。人間は「神の作品」(エペソ2:10)であり、偶然に発生して来たものではなく、永遠の神によって創造されたがゆえに、絶大な価値をもった存在なのです。
 
◆聖書と絵画からの黙想
<神の慈しみ>
  この作品ほど、世界中の多くの人々に強烈な印象を与えている絵はないのではないでしょうか。ここにあるのは、アダムを創造した神のいつくしみの姿です。天地創造の時のあの威厳ある厳しい表情(前回)は消え、ご自身の豊かな慈愛と慈しみをもって、また神の深い知恵に基づいてご自分に似たものとしての最高の作品である人(アダム)を造られました。
<アダムの信頼>
  またアダムも神に対して全幅の信頼を寄せています。神に依存していることが本来の人間の姿なのです。
  ●互いに見つめ合う目の一致
  ●互いに触れ合わんとする指先の一致
  ●同じ方向に向いている足の一致
  これこそ神と人間が一体とされており、人間が神に対して麗しい関係を持っていたことを視覚的に、また魅力的に訴えています。私たちがこの絵を見て心地よさを感じるのは、そんなところから来ているのでしょう。そして、私たちと神との本来の関係がこのような素晴らしいものであることを知らされるのです。そして、この両者の関係は後に罪を犯した人間の回復された姿をも暗示しています。

このページのトップ

Copyright (C) 2008 e-grape Co.LTD. All Rights Reserved.