エバの創造

 


目次

◆天地創造
◆アダムの創造
◆女の創造
◆蛇の誘惑
◆楽園追放
◆楽園追放
◆カインとアベル
◆ノアの箱舟
◆大洪水
◆鳩を放つ(ミレイ)
◆鳩を放つ(ドレ)
◆ノアの祭壇
◆受胎告知
◆羊飼いの礼拝
◆東方三博士の旅
◆三博士の礼拝
◆エルサレム入城
◆弟子の足を洗うキリスト
◆最後の晩餐
◆ゲッセマネの祈り
◆聖衣剥奪
◆十字架の下での悲しみ
◆十字架降下
◆我に触れるな
◆キリストの洗礼1
◆キリストの洗礼2
◆悪魔の誘惑
◆ペテロとアンデレの召命
◆マタイの召命

日本聖書協会発行『アートバイブル』より
『アートバイブル』の絵の使用については、当サイトより日本聖書協会に申請をして、同協会より許諾を得ています。」2007N10010 ●聖書からの黙想は、:坂野慧吉著「創世記」『新聖書講解シリーズ:旧約1」(いのちのことば社発行):を参照しています。

「名画で巡る聖書の旅」

バイブル・アンド・アート・ミニストリーズ / 代表 町田 俊之

■第3回 ミケランジェロ「女の創造」(1508-12年、システィーナ礼拝堂)

3、女の創造 <アートバイブル:p.7>

◆聖書箇所

 主なる神は、野のあらゆる獣、空のあらゆる鳥を土で形づくり、人のところへ持って来て、人がそれぞれをどう呼ぶか見ておられた。人が呼ぶと、それはすべて、生き物の名となった。人はあらゆる家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名を付けたが、自分に合う助ける者は見つけることができなかった。
  主なる神はそこで、人を深い眠りに落とされた。人が眠り込むと、あばら骨の一部を抜き取り、その跡を肉でふさがれた。そして、人から抜き取ったあばら骨で女を造り上げられた。主なる神が彼女を人のところへ連れて来られると、人は言った。
  「ついに、これこそ
  わたしの骨の骨
  わたしの肉の肉。これをこそ、女(イシャー)と呼ぼう
  まさに、男(イシュ)から取られたものだから。」
  こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。
  人と妻は二人とも裸であったが、恥ずかしがりはしなかった。
                        ー創世記2章19〜25節ー

◆聖書からの瞑想

  主は人のために「自分に合う助ける者」を造ろうと意図されました。このことを考えたのは神でした。人が自分の必要から考え出したのではなく、神ご自身の発案によるものでした。また「自分に合う助ける者」とは、ただ助手のような存在ではなく、本質的に一つとなって、互いに人格的な成長を遂げる存在でした。
  主が人のために「自分に合う助ける者」を造られる前に、主は野の獣、空の鳥を人のところに連れて来られましたが、これらの生き物の中には「自分に合う助ける者」は見当たりませんでした。
  主が深い眠りを人に下されました。それはご自分の計画に従い、ご自分の方法で事をなされたのであって、そこに人は自分の考えをさしはさむことは出来ませんでした。
  人が眠りから覚め、自分のそばに連れて来られた女を見て「ついに、これこそ わたしの骨の骨 わたしの肉の肉。」と叫びました。これは、神が用意された女が自分に誠にふさわしい存在であることの告白であり、男の希望に満ちた叫びでした。

◆ 絵画からの黙想

  ここに登場している3人の人物は、右側に神、左側にアダム、そして中央にアダムから生まれたエバである。このエバは合わせた手を神に差し出して身を乗り出しているが、その表情や姿態から見ると、神に感謝をしているところのようである。まさに、自分の誕生を喜んでいるようである。また、安らかで厳かな創造主である神は、このエバの挨拶を心から歓迎し、エバに祝福を与えているようである。一方のアダムは、これらの事情をしらず、眠りに落ちている。
  アダムは、自分の妻になるエバがどのように誕生したのか知る由もなく、また、自分にとっての最良の妻を自分で探し求めたのでもなく、全能の神にすべてを委ねなければならなかったのである。

このページのトップ

Copyright (C) 2008 e-grape Co.LTD. All Rights Reserved.