蛇の誘惑

 


目次

◆天地創造
◆アダムの創造
◆女の創造
◆蛇の誘惑
◆楽園追放
◆楽園追放
◆カインとアベル
◆ノアの箱舟
◆大洪水
◆鳩を放つ(ミレイ)
◆鳩を放つ(ドレ)
◆ノアの祭壇
◆受胎告知
◆羊飼いの礼拝
◆東方三博士の旅
◆三博士の礼拝
◆エルサレム入城
◆弟子の足を洗うキリスト
◆最後の晩餐
◆ゲッセマネの祈り
◆聖衣剥奪
◆十字架の下での悲しみ
◆十字架降下
◆我に触れるな
◆キリストの洗礼1
◆キリストの洗礼2
◆悪魔の誘惑
◆ペテロとアンデレの召命
◆マタイの召命

日本聖書協会発行『アートバイブル』より
『アートバイブル』の絵の使用については、当サイトより日本聖書協会に申請をして、同協会より許諾を得ています。」2007N10010 ●聖書からの黙想は、:坂野慧吉著「創世記」『新聖書講解シリーズ:旧約1」(いのちのことば社発行):を参照しています。

「名画で巡る聖書の旅」

バイブル・アンド・アート・ミニストリーズ / 代表 町田 俊之

■第4回 ミケランジェロ「蛇の誘惑」(1508-12年、システィーナ礼拝堂)

4、蛇の誘惑 <アートバイブル:p.9>
◆聖書箇所

 主なる神が造られた野の生き物のうちで、最も賢いのは蛇であった。蛇は女に言った。
  「園のどの木からも食べてはいけない、などと神は言われたのか。」
  女は蛇に答えた。
  「わたしたちは園の木の果実を食べてもよいのです。でも、園の中央に生えている木の果実だけは、食べてはいけない、触れてもいけない、死んではいけないから、と神様はおっしゃいました。」
  蛇は女に言った。「決して死ぬことはない。それを食べると、目が開け、神のように善悪を知るものとなることを神はご存じなのだ。」
  女が見ると、その木はいかにもおいしそうで、目を引き付け、賢くなるように唆(そそのか)していた。女は実を取って食べ、一緒にいた男にも渡したので、彼も食べた。二人の目は開け、自分たちが裸であることを知り、二人はいちじくの葉をつづり合わせ、腰を覆うものとした。
                               ー創世記3章1〜7節ー

◆聖書からの黙想

 人を誘惑したのは「蛇」でした。この蛇は「主なる神が造られた野の生き物のうちで、最も賢いのは蛇であった」と言われている存在です。「蛇」は主によって造られたものであることがわかります。
  蛇は神のことばをゆがめることによって人を誘惑しました。蛇は、「園のどの木からも食べてはいけない、などと神は言われたのか」と、すべてを禁止されたかのように言い換えています。
蛇は女の心を揺さぶり、「決して死ぬことはない。それを食べると、目が開け、神のように善悪を知るものとなることを神はご存じなのだ。」と大胆に神のことばを否定しました。そして、蛇は、自分の考えや内なる衝動に従うことこそ真の主体性であるかのように思わせています。
  すでに蛇の誘惑の罠にはまってしまったエバは、その木を見ました。すると「その木はいかにもおいしそうで、目を引き付け、賢くなるように唆していた」とあるように、それまで思っていた木とは全く違うものとなって目の前にありました。神のことばから離れ、自分の思いにとらわれてしまうと、それが自分自身をしばることになるのです。
  夫は女を止めることをしなかったばかりか、自分も食べてしまいました。夫は神との関係を正しく保つよりも、むしろ人間的なつながりを重んじてしまいました。女は結婚当初の夫の助け手の立場を捨てて、夫も夫婦における真のリーダーの役割を果たすことが出来なかったのです。
◆絵画からの黙想

<木の実を取る男と女>
  この絵からは、蛇が木の幹に絡まって、自らの姿を惑わしながら、女に実を渡そうとしているところが巧みに描かれています。木と蛇であるサタンが一体となって、人間たちを陥れようとしています。それが木の枝なのか、蛇の腕なのか判別がつけにくいような構図となっており、正に蛇が男と女を惑わした様子が視覚的にも見て取れます。またそれとは対照的に、女と男は互いに寄り添いながら、何の警戒もなく信頼しきって蛇からの木の実を受け取ろうとしている様子が伺えます。ミケランジェロは、蛇の欺瞞的な態度と人間の不本意な態度を対照的に示すことによって、人間の最初の罪の姿<原罪>を大胆な構図で描いています。

 

このページのトップ

Copyright (C) 2008 e-grape Co.LTD. All Rights Reserved.