鳩を放つ

 


目次

◆天地創造
◆アダムの創造
◆女の創造
◆蛇の誘惑
◆楽園追放
◆楽園追放
◆カインとアベル
◆ノアの箱舟
◆大洪水
◆鳩を放つ(ミレイ)
◆鳩を放つ(ドレ)
◆ノアの祭壇
◆受胎告知
◆羊飼いの礼拝
◆東方三博士の旅
◆三博士の礼拝
◆エルサレム入城
◆弟子の足を洗うキリスト
◆最後の晩餐
◆ゲッセマネの祈り
◆聖衣剥奪
◆十字架の下での悲しみ
◆十字架降下
◆我に触れるな
◆キリストの洗礼1
◆キリストの洗礼2
◆悪魔の誘惑
◆ペテロとアンデレの召命
◆マタイの召命

日本聖書協会発行『アートバイブル』より
『アートバイブル』の絵の使用については、当サイトより日本聖書協会に申請をして、同協会より許諾を得ています。」2007N10010 ●聖書からの黙想は、:坂野慧吉著「創世記」『新聖書講解シリーズ:旧約1」(いのちのことば社発行):を参照しています。

「名画で巡る聖書の旅」

バイブル・アンド・アート・ミニストリーズ / 代表 町田 俊之

■第11回 ドレの「ノアの箱舟」(19世紀初、銅版画)
(1851年、オックスフォード、アッシュモーリアン美術館)

「鳩を放つ」 <アートバイブル:p.32>
◆ 聖書箇所
  四十日たって、ノアは自分が造った箱舟の窓を開き、烏を放した。烏は飛び立ったが、地上の水が乾くのを待って、出たり入ったりした。ノアは鳩を彼のもとから放して、地の面から水が引いたかどうかを確かめようとした。しかし、鳩は止まる所が見つからなかったので、箱舟のノアのもとに帰って来た。水がまだ全地の面を覆っていたからである。ノアは手を差し伸べて鳩を捕らえ、箱舟の自分のもとに戻した。 
  更に七日待って、彼は再び鳩を箱舟から放した。鳩は夕方になってノアのもとに帰って来た。見よ、鳩はくちばしにオリーブの葉をくわえていた。ノアは水が地上からひいたことを知った。彼はさらに七日待って、鳩を放した。鳩はもはやノアのもとに帰って来なかった。
                            −創世記8章6〜12節−

◆ ギュスターブ・ドレの特徴(1832-83年)
・ ストラスブールの出身。油彩や彫刻もあるが、主に石版画の挿絵で知られている。ラブレーの『ガルガンチュア物語』で認められ、バルザック、セルバンテスの世界を的確な素描力で描き、また雄大なスケールと幻想性でダンテや聖書の世界を表現して大衆的な人気を誇った。 (「西洋絵画史WHO’S WHO 」より)

◆聖書からの黙想
  ノアと家族、そして動物たちが箱舟に入ってから150日間、水は勢いを増していきました。恐らくこの期間の箱舟の中での生活は、決して快適であったとは言えないでしょう。神の摂理によって選び分けられても、様々な困難があったと思います。しかし、神はノアと動物たちを心に留められておられました。
  その後、天からの大雨が止み、水が次第に引いていきます。ノアは水が減り始めてから40日後に箱舟の窓を開けて烏を放ちますが、烏は地が乾き切るまで箱舟を出たり入ったりしていました。その後、鳩を放ちますが、一回目はそのまま戻って来ましたが、二回目はオリーブの葉をくわえて戻ってきました。オリーブの葉は、地が乾いて木が葉を付けていた証拠でした。そして、三回目。ついに鳩は戻ってくることはありませんでした。

◆絵画からの瞑想
   この絵には白いハトが手前で飛んでいることが象徴されています。鳩がもう舟に帰らないのは、地が乾いて自分の居場所を見つけることが出来たからです。その鳩を箱舟から眺めているノアの家族が見えます。彼らはどんなに安堵の気持ちになったことでしょうか。しかし、この 絵は、それだけが描かれているのではなく、神の裁きによって滅びた多くの人々の遺骸が無惨にも残されています。鳩と遺骸、それは何と対照的な風景でしょうか。神の救いが確かにあるならば、そこには神の裁きも確かにあることを物語っています。救いも裁きも神から来ることを深く覚えたいと思います。


このページのトップ

Copyright (C) 2008 e-grape Co.LTD. All Rights Reserved.